ネットショップでカード情報登録って本当に大丈夫?

ネットショップからカード情報が流出することはあり得る

ネットショップでクレジットカード決済を行う場合、購入者が自分でカード番号などをキーボードから打ち込む必要があります。ただ、何度も打ち込むのは大変だということで、一度入力したカード情報を保存できるシステムを備えたネットショップも存在します。ここで心配になるのが、カード情報を保存して大丈夫なのかということです。実際のところ、どうなのでしょうか。
まず、事実としてネットショップに保存されていたカード情報がクラッカーの攻撃によって流出してしまったという事故は少なからずあります。そのため、絶対に大丈夫ということはいえません。もちろん、サービス開始から現在まで、一度も流出したことのないネットショップの方が多いのですが、登録するのであれば利便性とリスクを天秤にかけた上で行うようにしましょう。

カード情報が流出してしまった場合の対処

では、もし万が一、ネットショップに登録したクレジットカード情報が流出してしまった場合、どのように対処すればいいのでしょうか。
この場合、基本的にはネットショップから「情報が流出してしまった」というお知らせがあるはずです。自分のカード情報がそれに含まれているかどうかも通知されるはずですが、もし、特にアナウンスがない場合は問い合わせるといいでしょう。
自分のカード情報が流出していた場合は、速やかにカード会社に連絡をし、事情を話してカードを停止してもらうようにしましょう。カード会社にもよりますが、もし、その時点で情報を使われ、勝手に買い物されていたとしても、弁済義務は生じないことが普通です。カード停止後は、新たな番号のクレジットカードが再発行されます。

© Copyright Which Card Right. All Rights Reserved.